バイアグラは優秀なED薬剤です

logo-バイアグラは優秀なED薬剤

バイアグラとは

バイアグラは1998年に発売された、勃起不全薬です。世界大手の製薬会社のファイザー製薬が製造していて、発売以来多くの男性を助けてきました。もともとは狭心症の薬として開発されていたバイアグラでしたが、狭心症の薬としての効果がほとんど見られなかったのですが、副作用として勃起を促すことが確認されて、 勃起不全薬として日の目を見ることになりました。世界各国110カ国以上で発売されていて、世界的に証明された安全性のあるED治療薬です。日本では1999年の3月から発売が開始され、120万人以上に愛用されていると言われています。日本国内で処方されているバイアグラは、25mgと50mgの2種類です。 バイアグラやジェネリック医薬品の通販での購入は次のページをお勧めします。

バイアグラの成分シルデナフィルの作用

成分シルデナフィルの作用
シルデナフィルは、ED治療薬の先駆けとなったバイアグラの主成分です。 シルデナフィルは元々狭心症の特効薬として開発されていたのですが、その開発中に男性患者の勃起を促す働きがあるのが確認されたので、改めてED治療薬として研究されることになりました。つまり、偶然の産物だった訳ですね。その様な過程を経て、アメリカで1998年に発売が始まりました。
シルデナフィルはPDE5の働きを阻止することで、勃起を促進する薬剤です。臨床試験の結果によると7割から9割ほどの割合で効果があるとされています。心理的要因が原因で起こる心因性のED、身体的に原因があって起こる器質性のED、そしてその二つの混合型のED全てに効果があります。薬剤を服用してから、 およそ30分から4時間ほどの間に、性的刺激を受けることによって、効果が現れます。服用してから1時間後の辺りが、もっとも効果が高くなります。食事の影響を受けるので、空腹時に服用するのがお勧めです。 服用するのは1日に一回にして下さい。

心臓病、血圧の薬などを服用している方は、シルデナフィルを服用する前に必ず医師に報告して下さい。シルデナフィルには併用すると危険な薬がありますので、必ず医師と相談してから服用を開始しましょう。

シルデナフィルの副作用で最も多いのは、ほてりや頭痛です。これはシルデナフィルが血管を拡張させる作用から起こるものですが、たいていの場合は2、3時間ほどで治ります。稀に視覚障害が起こることがあります。これもほとんどが一過性のものですが、急激な異常が起こった場合は、直ぐに眼科の診断を受ける必要があります。

バイアグラの服用方

服用方

バイアグラは正しく服用しないと、十分な効果は期待出来ません。また、正しく服用しないと危険な場合もあります。

一番大切なことはバイアグラを、空腹時に服用するということです。そして脂分の多い食事は控える様にしましょう。脂分の多い食事の後はバイアグラの効果が薄れてしまいます。やむをえずに食後に服用する場合は、脂分の少ない食事を摂り、量も控えめにしておきましょう。

バイアグラの服用は水と一緒にし、牛乳などの脂肪分が含まれる飲料は避けて下さい。またグレープフルーツも影響を与える可能性があるので、避けた方が良いでしょう。アルコールの摂り過ぎも避けるようにした方がいいのですが、ほどよい飲酒は身体をリラックスさせる効果があるので、アルコールが全くいけない、という訳ではありません。

バイアグラは、空腹時に服用すれば30分ほどで効果が現れ始めます。効果が持続するのはだいたい4、5時間ほどです。効果のピークはおよそ1時間ほどでおとずれ、その後はゆるやかに減退していきます。性行為の1時間ほど前を目安に服用しましょう。

バイアグラの服用の仕方


バイアグラは、個人差はありますが、基本的に性行為の約30分から60分前に服用することが良いとされています。効果が見られるまでの時間には個人差があるので、最初のうちは調整する必要があるかもしれません。初めて使用する方、高齢者の方は25mgの薬剤から服用を始め、効果があまりなかった場合は50mgを使用してみるのが良いでしょう。バイアグラは水分によって胃の中で溶けるようになっていますので、水で飲むのが基本的な飲み方です。

ピークに達するのは3時間後ころとされ、最大で36時間ほど効果が続き、何回も性行為を可能にします。勃起は、バイアグラを服用し、性的な刺激があった時のみに起こります。
空腹時に服用すれば、即効性が高いとされています。バイアグラとアルコールを併用すると効果が薄れてしまうことがあるので、注意が必要です。服用は1日一回で、毎日続けては服用しないで下さい。

バイアグラの服用の仕方(表)

▪ 性行為の約30分から60分前に服用する

▪ 25mgの薬剤から服用を始め

▪ 水で飲むのが基本的な飲み方

▪ 空腹時に服用すれば、即効性が高い

▪ アルコールを併用すると効果が薄れてしまうことがある

▪ 服用は1日一回で、毎日続けては服用しないで下さい


バイアグラの副作用

副作用

バイアグラは処方箋薬品です、バイアグラを服用するためには医者の処方が必要で、バイアグラを薬局で購入することは出来ません。それはバイアグラを使用して副作用が起きたり、併用を禁止されている薬があるからです。

バイアグラを服用して起こる可能性のある副作用は、

  • ▪ 胃痛、
  • ▪ 腹痛、
  • ▪ めまい、
  • ▪ 顔のほてり、
  • ▪ 鼻水、
  • ▪ 鼻づまりや視覚異常

があげられます。偏頭痛や顔のほてりは、バイアグラを服用した人の20%ほどが経験しています。これらの副作用は血管が拡がって急に血流が良くなることで起こりますが、深刻なものではなく、その多くが一時的な症状です。稀な副作用で、ものが青く見えたり、緑色と青色の見分けがつきにくい、という例があります。このような視覚障害が起こる可能性がありますので、バイアグラを服用した後の自動車の運転や機械の運転操作は控えて下さい。

たいていの副作用は軽いものですが、万が一激しいめまい、頭痛、発疹など、または4時間以上の間痛みのある勃起が続いた場合は、すぐにバイアグラの服用を止め、病院を受診して下さい。
心臓疾患に使用するニトロという薬剤や、高血圧の患者が使用する血圧降下薬とバイアグラを併用してしまうと、血圧がさがり、最悪の場合意識を失ってしまうケースがあり、注意が必要です。このような持病のある方は医師に相談してから服用するかどうかを決定するようにして下さい。