バイアグラは優秀なED薬剤です

logo-バイアグラは優秀なED薬剤

バイアグラジェネリックとは

バイアグラのジェネリック医薬品は、バイアグラとほぼ同時期に発売されて以来、多くの男性に愛用されています。そのため安全性や効果のほどは保証済みです。

バイアグラのジェネリック医薬品には日本産と海外産のものがあります。2014年にバイアグラの日本国内での特許が切れたので、国内で他の製薬メーカーがバイアグラのジェネリックのシルデナフィルを製造し、販売することが出来るようになりました。安全性を重視する方には国産の薬剤をお勧めします。万が一、副作用が出た場合に、対応がしやすいからです。国産のバイアグラのジェネリック医薬品の処方はクリニックでしてもらえます。主な薬剤に東和薬品のシンデナフィル富士化学工業のシンデナフィルキッセイ薬品工業のシンデナフィルなどがあり、価格はどれも一錠1000円から1200円ほどです。

クリニックに行くのが躊躇われる方、値段をもっと抑えたい方には海外産がお勧めです。主な海外のバイアグラのジェネリック医薬品には、カベルタ、カマグラ、シルデグラ、デグラなどがあります。これらの薬剤は薬専門の通販サイトで買うことが出来ます。信頼出来るサイトを選んで購入するようにして下さい。

バイアグラのジェネリックの種類(整理)

医薬品名

価格

カベルタ

一錠1100円から1300円

カマグラ

一錠1400円から1800円

シルデグラ

一錠1500円から1700円

デグラ

一錠2000円から2200円

シルデナフィル

一錠1000円から1200円

など

.



バイアグラのジェネリックの有効成分はバイアグラと同じシルデナフィルですので、同じ効果と副作用があります。バイアグラのジェネリック医薬品の服用方法、効果、そして持続時間はバイアグラと同じです。ジェネリック医薬品の服用を始める前にバイアグラの取扱説明書を確認しましょう。バイアグラのジェネリックとの併用を禁止されている薬剤もバイアグラと同じですので、服用を始める前に必ず確認して下さい。

バイアグラと、バイアグラのジェネリック医薬品の違いは、錠剤の見た目と、製薬会社とその価格です。服用する人にとって最も魅力的なのは値段の安さでしょう。ジェネリックは、研究開発費などの費用がかなり抑えられる為に、値段もかなり抑えられるのです。
バイアグラの錠剤は菱形の形状をしていますが、バイアグラのジェネリックは見た目が違い、白色やピンク色をしています。これはコーティング剤が違うためですが、違うのは見た目だけですので、安心して服用出来ます。バイアグラのジェネリック医薬品には水なしで服用出来るタイプの錠剤やゼリータイプのものも発売されています。

通販店istorejapan
上の画像バナーは通販店istorejapanのバナーです。

バイアグラとは?

バイアグラとは?

バイアグラは、世界で最初に開発されたED治療薬です。アメリカのファイザー社で開発され、1998年に発売されました。日本では、1999年に認可されて販売が始まり、120万人以上に愛用されています。日本国内で処方されているバイアグラは、25mgと50mgの2種類です。バイアグラの主な成分はタダラフィルで、身体の中でPDE5の酵素の活性化を阻止することによって陰茎周辺部に作用し、動脈を拡げて血流量を増加させて勃起を助けます。元々は狭心症の治療薬として開発されていたのですが、その開発中に男性患者の勃起不全を改善する効果があることが分かり、ED治療薬として誕生することになりました。

バイアグラの一番の特徴は、その勃起力の高さです。バイアグラの主要成分のシルデナフィルが血管を広げることで、勃起を助け、服用してから30分ほどで効果が現れ始めます。そして1時間ほどでそのピークを迎えると言われています。
服用する時はなるべく水で服用するようにして、牛乳などの脂質の含まれる飲料で服用することは避けましょう。
効果の持続時間は3時間から5時間ほどです。空腹時の服用がベストで、食べ物の影響を受けてしまうので、服用する際は脂分の多い食事や食事の量に注意が必要です。バイアグラとアルコールを併用すると効果が薄れてしまうことがあるので、注意が必要です。少量のアルコールは身体をリラックスさせるので問題はありませんが、飲み過ぎるとバイアグラの効果は薄れてしまいます。服用は1日一回とし、毎日続けては服用しないで下さい。

バイアグラの副作用には、胃痛、腹痛、めまい、顔のほてり、鼻水、鼻づまりや視覚異常があげられます。これらの副作用は血管が拡がって急に血流が良くなることで起こりますが、その多くが一時的な症状です。稀な副作用で、視覚障害が起こる可能性がありますので、バイアグラを服用した後の自動車の運転や機械の運転操作は控えて下さい。たいていの副作用は軽いものですが、万が一激しいめまい、頭痛、発疹など、または4時間以上の間痛みのある勃起が続いた場合は、すぐにバイアグラの服用を止め、病院を受診して下さい。

ジェネリックとは?

ジェネリックとは?

「ジェネリック」は後発医薬品で、先発医薬品の新薬の特許が切れたあとに発売される薬剤のことを指します。新薬と同じ有効成分を含んでいて、効き目も同じであり、そのうえ価格が安いのが一番の魅力です。

ジェネリックには「一般的な」という意味があります。つまりジェネリック医薬品は、広く一般的に愛用されている、安全性や効き目がしっかりと確立されている薬剤だと言うことです。

どうしてジェネリック品が先発医薬品に比べて価格が安いのかというと、新薬に比べると、そこまで開発費、販売費が掛からないからです。新薬を開発するのには通常、10年から15年ほどの時間と数百億の費用がかかるのですが、ジェネリック医薬品は、3年ほどの期間で開発することが出来るのです。そしてジェネリック医薬品は、その先発医薬品と同じ効能であることや、その安全性が国から認可されない限り製造も販売も出来ません。国で定められた厳しい基準を全て超えた薬剤のみがジェネリック医薬品として発売されるので、その安全性は確かなのです。

ではジェネリック医薬品には欠点はないのでしょうか?

一般的にジェネリックは特許の切れた薬であると謳われていますが、これには少し説明が必要です。ジェネリック医薬品は、特許が完全に切れている訳ではなく、
薬の特許には「物質特許」と「製剤特許」があります。製剤特許が切れていない場合、薬剤の形状を同じにすることが出来ません。形状が変わると、薬の効き方に変化が出てきます。それにともなう問題が起こる可能性があることにも注意しましょう。